高血圧編は肩こりや糖尿病と深い関わりをもつ

国民病とも言われています、高血圧や高脂血症、糖尿病などは、生活習慣病が原因で発症することが多い病気で、近年、増え続けています。
増加の原因は、食生活の欧米化により肉やソーセージなどの動物性脂肪の摂りすぎや、運動不足、ストレスなどです。特に高血圧は、肥満、塩分過多、運動不足の三つが要因と考えられています。
高血圧の患者数は国内で約4,300万人といわれ、糖尿病も予備軍を含めると2,050万人に上り、その中には高血圧をあわせもっている人も多くいます。高血圧症に糖尿病が加わりますと、脳血管障害などのリスクが増大し、とても危険です。
糖尿病も高血圧も自覚症状のないまま進行し、さまざまな合併症を引き起こします。日本人の死因の上位を占める、脳卒中や心筋梗塞などの直接死をもたらす怖い病気の発祥にも繋がります。
自覚症状のない高血圧を知るための健康チェック表が高血圧編に紹介されています。
この高血圧編は、生活習慣から起こる高血圧を予防するために、日々の生活を見直すための方法の一つとして、ネットや本などでよく見かけるようになりました。「診療ガイド高血圧編」などの書籍が出版されたり、「健幸づくりサポート教室~高血圧編」などの講座やセミナーが全国各地で開催されています。
高血圧編で、自分の危険因子を理解し総合的に管理することが、国民病と言われる高血圧にかからない手だてになるでしょう。
自覚症状のない高血圧ですが、家庭用の血圧測定器で毎日決まった時間に測定することで、簡単に知ることができます。また、肩こりや頭痛が原因で高血圧になるケースも多く、治れば血圧も下がるようです。肩こりや頭痛は、40代後半から起こる更年期障害時によく見られ、高血圧になりやすい時期とも言えます。肩こりなどの痛みが続くことで、ストレスが溜まり高血圧になってしまうケースや、更年期障害でホルモンバランスが崩れることで高血圧になる場合があります。